ふくしまHOPEプロジェクトとは

福島第一原発事故による放射能汚染により、健康被害の危険にさらされている福島県下の子どもたちと家族の心と体の健康を守り、魂をケアし、将来への希望を与えるため、福島県キリスト教連絡会のもとに「福島県キリスト教子ども保養プロジェクト」(通称「ふくしまHOPEプロジェクト」)は設立されました。

「東日本大震災後、四年目を迎えて」

福島県キリスト教連絡会 代表 木田恵嗣

 

 

あの衝撃的な東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故のあった3月11日から、丸3年が経過しようとしています。いつの間にか、「フクシマ」が過去のことになり、今なお、事故処理作業や除染が継続しており、先の見通しの立たない状態で、仮設住宅に生活している人々がいることが忘れ去られてきたこの頃です。

 

私たちHOPEプロジェクトでは、福島県内でも放射能の汚染がひどかった、中通り地方の子どもたちを中心に、保養プロジェクトを行ってきました。これまでの活動を振り返って感じることは、色々な事情で、福島県内に留まり続けている方々の必要の大きさと、私たちの活動の小ささです。焼け石に水のようで、何の役に立つのかと自問する事も度々です。けれども、プロジェクトに参加されるご家族の笑顔に励まされ、また、私たちの活動に心を寄せ、支援して下る皆様の熱意に励まされて参りました。

 

昨年、文科省の調査が発表され、外遊びを制限された福島の子どもたちの運動能力が、著しく低下している現状が裏付けられ、一時的であっても、子どもたちを放射線量の低い地域に連れ出して、思いっきり遊ばせる私たちの活動が、決して的外れではなかったと意を強くしております。放射能汚染も、震災直後の異常な数値からすれば、落ち着きを取り戻しているかに見えます。

 

しかし、この低線量汚染地域に、長期間にわたって生活することが、果たして子どもたちの健康にどのような影響を与えるか、注意深い観察が今後も必要です。

 

私たちHOPEプロジェクトでは、福島の現状に合わせて、活動の内容や体制をシフトさせながら、子どもとその保護者の支援を継続して参りたいと願っております。

 

皆様の変わらぬご支援を、今後ともよろしくお願いします。

 

 

ふくしまHOPEプロジェクト

福島第一原発事故による放射能汚染により、健康被害の危険にさらされている福島県下の子どもたちと家族の心と体の健康を守り、魂をケアし、将来への希望を与えるため、福島県キリスト教連絡会のもとに「福島県キリスト教子ども保養プロジェクト」(通称「ふくしまHOPEプロジェクト」)を設立しました。

Announcements

2018年

8月

02日

第36回 会津自然体験キャンプ(7月28-29日)

2018年7月28日-29日に「会津自然の家」で、「会津自然体験キャンプ」が行われました。

 

キャンプに参加したのは6名の子供たちでした。台風の影響の恐れがありましたが、二日間とも天候が守られて、青空の下、カヌーで思いっきり遊ぶことができました。その後も、キーホルダーを作ったり、森を探索したり、花火をしたり、体育館でスポーツをしたり、充実した時間を過ごしました。

 

二日目の「ブルーベリー狩り」では、10種類以上のブルーベリーの木がある農園で、みんなでたくさん食べて、楽しみました。

 

皆さんからのご支援に心から感謝いたします!

0 コメント

2018年

6月

22日

HOPE CAFE in 郡山(2018/6/16)

 第10回目となるHope Cafeが郡山市(郡山キリスト福音教会)で開催されました。皆さん、それぞれのテーマで自分らしい作品を作ることが出来たようです。コラージュ作りがはじめての方も、充実した時を過ごせたようでした。

 

次回は、6月30日(土)Hope Cafe in 三春です(郡山聖書バプテスト教会)!

0 コメント

2018年

5月

28日

5月26日ファミリーデイキャンプ(猪苗代湖)

 

第一回ファミリーデイキャンプが猪苗代湖(湖畔の村)で開催されました!素晴らしい天候、美味しい食事、美しい景色、素晴らしい出会いが与えられてとても祝福されました。

 

サイクリングでは家族や友達と一緒に体を思いっきり動かしながら、美しい景色を眺め、また地域の歴史も学ぶことができました。片道約8㌔の道のりでした。目的地は猪苗代湖と磐梯山が最も綺麗に眺められる「青松浜」。小学一年生の男の子も最後まで走りきりました!

 

約二時間のサイクリングの後、お昼ご飯を食べました。お昼は「お餅バイキング。」6種類のお餅と天ぷらをお腹いっぱい食べました。地元湖南町で食される「豆腐餅」は新しい味でした。ある参加者はなんとお餅を7つも食べたそうです!

 

午後は、近くの浜辺でのんびり時間を過ごしました。自然の物を探す「ネイチャーゲーム」をして自然に触れて楽しみました。子どもたちは、まだまだ元気があり余って、最後まで走り回っていました!

 

あっという間に過ぎた時間でしたが、大人も子供も楽しい思い出を作ることができました。

 

福島で暮らすご家族が豊かな自然の中で、安心して楽しい時を過ごす。そのような機会をこれからも提供していきたいと願います。

2018年

5月

15日

Hope Cafe in 福島(2018/5/12)

第9回目となるHope Cafeが福島市(福島聖書教会)で開催されました。今回も、とても有意義な時間となりました!今回は特に、お母さんたちの間で放射能の問題についての不安や情報交換の分かち合いもされていました。

 

次回は、6月16日(土)Hope Cafe in 郡山市です。お楽しみに!

0 コメント

2018年

4月

29日

Hope Cafe in 須賀川(2018/4/28)

Hope Cafe in 須賀川には、大人5名、子ども5名が参加しました。
お母さんたちは、コラージュと水彩を合わせたアートを創作しました。
その間、子ども達の部屋では、歌を歌ったり、絵本の読み聞かせをしたり、手品を見たり、工作をしたり、楽しい時間を過ごしました!
参加者の皆さんが、アート創りを通して自分と向き合う事ができたり、分かち合いの時間を通してお話しをしたり、聞いたりする事ができて良い時間を過ごせた、とお話しされていました。
 
次回は、Hope Cafe in 福島市(5/12)です!お楽しみに!
0 コメント

2018年

4月

21日

5月26日HOPEファミリーデイキャンプ(猪苗代湖サイクリング)開催のお知らせ

Hope プロジェクトでは日帰りで楽しむ事ができるデイキャンプを企画しました。家族や友達と一緒にのびのびと遊ぶこと。子どもたちが成長するために大切なことではないでしょうか。

 

今回は、猪苗代湖周辺の一部を自転車で走ります。ベテランの現地ガイドが安全に案内してくださるので、小さい子も体力にあまり自信のない子も安心してご参加下さい。湖畔の村(郡山市湖南町)では、自転車の貸出も行っています。

 

湖南町は郡山市にありながら、放射能汚染が少なかった場所として知られています。静かでのんびりとした自然の中、みんなで楽しい思い出を作りませんか。お会い出来るのを楽しみに待っています!友達との参加も可能です!

 

締切は4月30日です。詳細については、ファイルをダウンロードするかお問い合わせ下さい!

デイキャンプ申込書
デイキャンプの内容や申込方法を知りたい方はファイルをダウンロードしてご確認下さい。
第一回ファミリーデイキャンプ申し込み書.pdf
PDFファイル 457.3 KB

2018年

3月

12日

Hope Cafe開催のお知らせ(2018年4月-6月)

 Hope Cafeでは、普段忙しいお母さんたちがアート・工作を創作しながら自分をみつめ、リラックスできる空間を提供しています。アートを学ばれた方がわかりやすく教えて下さるので、「私はアートなんて...」という方も是非一度参加してみて下さい。今回は水彩とコラージュを合わせた技法を用いてアートを創作します。Hope Cafeでは「素晴らしい芸術品」を作るのではなく、アート・工作を創る過程を大切にします。「上手・下手」という価値観から解放されて自由に創るのは楽しいものです。同じ時間には、子どものプログラムも用意していますので、お子さんと一緒の参加もできます。 

 

 

 

 

 

 

 

須賀川市 4月28日(土)10:00-12:00(須賀川めぐみキリスト教会)

福島市  5月12日(土)13:30-15:30(福島聖書教会)

郡山市  6月16日(土)10:00-12:00(郡山キリスト福音教会)

三春   6月30日(土)13:30-15:30(郡山聖書バプテスト教会)

0 コメント

2018年

3月

11日

ふくしまHOPEニュース 12号(2018年3月)

「ふくしまHOPEニュース」の最新版が出ました。内容は「ふくしまHOPEニュースレター」からダウンロードして読むことができます。

0 コメント

2018年

2月

06日

第35回 雪遊び・スキーキャンプ

 

2018年2月3-4日に「磐梯青少年交流の家」で、「雪遊び・スキーキャンプ」が行われました。

 

キャンプ参加者は35名(子ども25名、保護者が10名)と大勢の方が参加しました。

 

二日間とも晴れ晴れとした天気の中で、ずっしりと積もった雪の上をスノーシュー、歩くスキー(クロスカントリースキー)、そり滑り等をして思いっきり遊びました。

 

スノーシューではウサギやキツネ等の足跡を教えてもらいながら林の中を歩きました。真っ白に広がる大自然の中で貴重な体験をすることができました!

 

皆さんからのご支援に心から感謝いたします!

1 コメント