ふくしまHOPEプロジェクトとは

福島第一原発事故による放射能汚染により、健康被害の危険にさらされている福島県下の子どもたちと家族の心と体の健康を守り、魂をケアし、将来への希望を与えるため、福島県キリスト教連絡会のもとに「福島県キリスト教子ども保養プロジェクト」(通称「ふくしまHOPEプロジェクト」)は設立されました。

「東日本大震災後、四年目を迎えて」

福島県キリスト教連絡会 代表 木田恵嗣

 

 

あの衝撃的な東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故のあった3月11日から、丸3年が経過しようとしています。いつの間にか、「フクシマ」が過去のことになり、今なお、事故処理作業や除染が継続しており、先の見通しの立たない状態で、仮設住宅に生活している人々がいることが忘れ去られてきたこの頃です。

 

私たちHOPEプロジェクトでは、福島県内でも放射能の汚染がひどかった、中通り地方の子どもたちを中心に、保養プロジェクトを行ってきました。これまでの活動を振り返って感じることは、色々な事情で、福島県内に留まり続けている方々の必要の大きさと、私たちの活動の小ささです。焼け石に水のようで、何の役に立つのかと自問する事も度々です。けれども、プロジェクトに参加されるご家族の笑顔に励まされ、また、私たちの活動に心を寄せ、支援して下る皆様の熱意に励まされて参りました。

 

昨年、文科省の調査が発表され、外遊びを制限された福島の子どもたちの運動能力が、著しく低下している現状が裏付けられ、一時的であっても、子どもたちを放射線量の低い地域に連れ出して、思いっきり遊ばせる私たちの活動が、決して的外れではなかったと意を強くしております。放射能汚染も、震災直後の異常な数値からすれば、落ち着きを取り戻しているかに見えます。

 

しかし、この低線量汚染地域に、長期間にわたって生活することが、果たして子どもたちの健康にどのような影響を与えるか、注意深い観察が今後も必要です。

 

私たちHOPEプロジェクトでは、福島の現状に合わせて、活動の内容や体制をシフトさせながら、子どもとその保護者の支援を継続して参りたいと願っております。

 

皆様の変わらぬご支援を、今後ともよろしくお願いします。

 

 

ふくしまHOPEプロジェクト

福島第一原発事故による放射能汚染により、健康被害の危険にさらされている福島県下の子どもたちと家族の心と体の健康を守り、魂をケアし、将来への希望を与えるため、福島県キリスト教連絡会のもとに「福島県キリスト教子ども保養プロジェクト」(通称「ふくしまHOPEプロジェクト」)を設立しました。

Announcements

2017年

6月

15日

新潟 川遊びキャンプ

 2017年8月1日(火)~8月3日(木)に、キャンプが開催されます。
 場所は、新潟県五頭連邦少年自然の家です。

0 コメント

2017年

6月

15日

HOPE CAFE

  ほっと一息、HOPE CAFEでセルフケアをしてみませんか。福島のお母さん達を対象とした新企画です。
 第1回目は、みんなでコラージュを作ります。お子様用のプログラムもありますので、ぜひご一緒にご参加下さい!

 

 ①須賀川 6月17日(土)13:30-15:30
 ②福 島 6月29日(木)13:30-15:30
      7月 8日(土) 13:30-15:30
 ③郡 山 7月22日(土)13:30-15:30

0 コメント

2017年

3月

02日

「福島で生きていく ふくしまHOPEプロジェクトのこれまでとこれから」について

3月11日(土)14:00-16:00に東京御茶ノ水クリスチャンセンターにて「福島で生きていく ふくしまHOPEプロジェクトのこれまでとこれから」が行われます。

 

お近くの方はお誘いあわせの上、ご参加ください!

2015年

10月

20日

親と子のホッとタイムを開催します!

11月7日(土)午後1時半から郡山市にて親と子のホッとタイムを開催します。

 

今回はホットスポットファインダーの紹介、実演、実測を行います。

(ホッとスポットファインダー(GPS連動型空間線量率自動記録システム)は歩くだけで空間線量を地図上に表示できる高性能線量計です。)

 

ご興味のある方は事務局までお問合せください。


2015年

9月

15日

秋の果物狩りキャンプ-今週末です

9月、10月と秋の果物狩りキャンプが開催されます。

第一弾の新潟梨狩りキャンプは今週末から3泊4日、妙高高原です!